雇用保険-情報局

雇用保険・雇用保険法の解説サイト

当サイトでは労働者の方に役立つ雇用保険情報を提供しています。

雇用保険に関する相談は今すぐコチラより

雇用保険の各種手当の解説や雇用保険に関するQ&Aを掲載しています。

INDEX
雇用保険金額計算ソフト
雇用保険金額計算ソフト
無料マニュアル
雇用保険-情報局とは?
雇用保険とは?こんな法律です
雇用保険への加入条件
     └
適用除外者

雇用保険の保険料の決まり方
雇用保険料
雇用保険 料率
雇用保険被保険者証
雇用保険(失業手当)がもらえるかをチェック
  @ 雇用保険の受給手続き @
     雇用保険の受給手続き A
     雇用保険の所定給付日数
    その他の手当
      A技能習得手当
      B移転費
      C傷病手当

  A 65歳以上で失業したら?
      (高年齢求職者給付金) 
  B 短期雇用で失業したら?
           (特例一時金)
  C 日雇労働者が失業したら?
     (日雇労働求職者給付金)

  D 再就職でもらえる給付金
          (就業促進給付)
       ├ A就業手当
       B再就職手当
       C常用就職支度手当
  E 教育訓練給付

  F 60歳で賃金低下なら
     (高年齢雇用継続給付)

  G 育児休業給付
  H 介護休業給付
雇用保険でトラブル発生?
  ├ 雇用保険未加入トラブル
  └ 会社が離職票を出さない?
雇用保険のよくある質問Q&A
 [Q:全一覧]
  ├ 雇用保険 加入関係
  ├ 特定受給資格者
  ├ 失業手当・失業給付一般
  ├ 育児休業給付 介護休業給付
  ├ 公共職業訓練
  ├ 就業手当
  ├ 再就職手当
  ├ 高年齢雇用継続給付
  ├ 教育訓練給付
  ├ 雇用保険トラブル
  └ 雇用保険と年金・保険・税金
雇用保険に関するお薦め書籍
運営者情報
特定商取引の表示
関連サイト
  ├ 労働基準法-情報局
  ├ 解雇問題解決ネット
  ├ 労働問題解決ネットワーク
  ├ 失業保険・失業手当.net

無料メールマガジンのご紹介
リンク集










































































































雇用保険情報局 最新情報



 【育児休業給付】


育児休業給付とは、1歳(例外1歳6ヶ月未満)未満の子供を養育するために休暇を取った際に支給される手当のことで

育児休業給付には、

@ 育児休業期間中に給料の30%を補償してくれる育児休業基本給付金

A 育児休業を終えて、職場に復帰した際に支給される育児休業者職場復帰給付金があります。

なお、育児休業給付金は、健康保険等から支給される出産手当金とは異なり、男性が休暇を取った場合にも支給されます


 【育児休業基本給付金の支給要件】


@ 被保険者が1歳に満たない子を養育するために育児休業をすること。

原則は、1歳になるまでの期間が育児休業基本給付金の支給対象期間ですが、例外として特別な理由がある場合には、支給対象期間が1歳6ヶ月になることがあります。

A 育児休業を開始した日前2年間に、みなし被保険者期間が通算して12ヶ月以上あること。

つまり、簡単に言えば、過去2年間のうちで、雇用保険に加入していた期間が通算して12ヶ月以上あればOKということです。

B その他

上記の要件を満たしていたとしても、育児休暇中に会社よりそれまでの賃金の80%以上が支給される場合には、不支給となります。


 【育児休業基本給付金の支給額】


育児休業基本給付金の支給額は、育児休業期間中に事業主から賃金が支払われたのか? 支払われなかったのか?によって、額が異なってきます。

@ 賃金が支払われなかった場合

休業開始時の賃金日額×30%×支給日数


A 事業主から賃金が支払われた場合

事業主から支払われた賃金の額によって、2パターンの計算式があります。

事業主から支払われた賃金の額 育児休業基本給付金の支給額

休業開始時賃金日額×支給日数×50%以下の場合


休業開始時賃金日額×支給日数×30%

休業開始時賃金日額×支給日数×50%超

×80%未満の場合

休業開始時賃金日額×支給日数×80%−支払われた賃金

休業開始時賃金日額×支給日数×80%以上〜

不支給


 【育児休業基本給付金の支給手続き】


初めて支給を受けようとするときは、支給単位期間の初日から起算して、4ヶ月を経過する日の属する月の月末までに、

「育児休業給付受給資格確認票・育児休業基本給付金支給申請書」に「雇用保険被保険者休業開始時賃金証明票」を添えて、事業所を管轄するハローワークに提出します。



 【育児休業者職場復帰給付金とは?】


育児休業を終えて、職場に復帰した際に支給される手当で、一時金として支給されます。

ただ、職場に復帰しても6ヶ月を経過しないうちに退職した場合や他の事業主のところへ就職した場合には不支給となるので、その辺りに注意する必要があります。

それでは、詳しい支給要件を見て行きます。


 【育児休業者職場復帰給付金の支給要件】


@ 育児休業基本給付金の支給を受けることが出来る被保険者であること。

育児休業基本給付金の支給要件を満たしていない場合でも、職場復帰給付金の要件は満たしているというようなパターンはありません。

A 育児休業基本給付金における休業期間中に雇用されていた事業主に、育児休業を終了した後も引き続いて6ヶ月以上雇用されていること。

雇用されていればOKですので、実際に、就労していたかどうかは問われません。
つまり、ポイントは、雇用保険に加入していたかどうか?ということになります。


 【育児休業者職場復帰給付金の額】


支給額は、以下の式により求めることが出来ます。

【休業前の賃金の10%(休業開始時賃金日額)×育児休業基本給付金の支給日数の合計数】


 【育児休業者職場復帰給付金の支給手続き】


育児休業を終了した日後、6ヶ月間雇用された日の翌日から数えて、2ヶ月を経過する日の属する月の月末までに、

「育児休業者職場復帰給付金支給申請書」を事業所を管轄するはローワークに対し提出します。

※ 育児休業を終了した日から2ヶ月では無く、6ヶ月間継続して雇用された日の翌日から2ヶ月というところに注意して下さい。

また、2ヶ月ぴったりというのでは無く、その月の月末までが期限となっています。

どちらにしても、なるべく早めに手続きを取っておいたほうが良いことに変わりはありません。

スポンサードリンク



Copyright(C)2007-雇用保険-情報局 All Right Reserved.

雇用保険法や雇用保険についての疑問はありませんか?
もし、当サイトで解決できない点、疑問点、その他、雇用保険、失業手当等で分からないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。

雇用保険法-情報局の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
[PR]雇用保険 料率

1