雇用保険-情報局

雇用保険・雇用保険法の解説サイト

当サイトでは労働者の方に役立つ雇用保険情報を提供しています。

雇用保険に関する相談は今すぐコチラより

雇用保険の各種手当の解説や雇用保険に関するQ&Aを掲載しています。

INDEX
雇用保険金額計算ソフト
雇用保険金額計算ソフト
無料マニュアル
雇用保険-情報局とは?
雇用保険とは?こんな法律です
雇用保険への加入条件
     └
適用除外者

雇用保険の保険料の決まり方
雇用保険料
雇用保険 料率
雇用保険被保険者証
雇用保険(失業手当)がもらえるかをチェック
  @ 雇用保険の受給手続き @
     雇用保険の受給手続き A
     雇用保険の所定給付日数
    その他の手当
      A技能習得手当
      B移転費
      C傷病手当

  A 65歳以上で失業したら?
      (高年齢求職者給付金) 
  B 短期雇用で失業したら?
           (特例一時金)
  C 日雇労働者が失業したら?
     (日雇労働求職者給付金)

  D 再就職でもらえる給付金
          (就業促進給付)
       ├ A就業手当
       B再就職手当
       C常用就職支度手当
  E 教育訓練給付

  F 60歳で賃金低下なら
     (高年齢雇用継続給付)

  G 育児休業給付
  H 介護休業給付
雇用保険でトラブル発生?
  ├ 雇用保険未加入トラブル
  └ 会社が離職票を出さない?
雇用保険のよくある質問Q&A
 [Q:全一覧]
  ├ 雇用保険 加入関係
  ├ 特定受給資格者
  ├ 失業手当・失業給付一般
  ├ 育児休業給付 介護休業給付
  ├ 公共職業訓練
  ├ 就業手当
  ├ 再就職手当
  ├ 高年齢雇用継続給付
  ├ 教育訓練給付
  ├ 雇用保険トラブル
  └ 雇用保険と年金・保険・税金
雇用保険に関するお薦め書籍
運営者情報
特定商取引の表示
関連サイト
  ├ 労働基準法-情報局
  ├ 解雇問題解決ネット
  ├ 労働問題解決ネットワーク
  ├ 失業保険・失業手当.net

無料メールマガジンのご紹介
リンク集




























































































































































雇用保険情報局 最新情報



 【雇用保険のよくある質問Q&A その@】


雇用保険
への加入関係に関するQAを一覧にしてあります。解決の参考にして下さい。


雇用保険への加入 Q&A
Q1 勤めていた会社では、雇用保険に入っていませんでした。その場合は、何年勤めていても、失業手当はもらえないのでしょうか?

回答

Q2 アルバイトやパートでは、雇用保険には加入できないのでしょうか? 回答
Q3 雇用保険被保険者証は、誰がもっているの?
また雇用保険に加入しているかどうか個人的に調べる方法はあるのでしょうか?
回答
Q4 同じ会社に勤めて5年経ちましたが、今月末で退職し、来月から別の会社に勤める予定です。 この場合、雇用保険は引き継がれるのでしょうか? それとも、また入り直すものになるのでしょうか? 回答
Q5 週に4日、1日6時間 パートで働いています。
今後は、体調がすぐれないため、通院する予定があり、月に一度だけ週3日の就労になることがあります。
この場合、雇用保険はどうなるのでしょう?

週3×6で18時間になるので、週20時間以上という要件を満たさなくなります。

被保険者の資格を喪失してしまうのでしょうか?
回答
Q6 現在アルバイトで週3日、A会社へ行っています。A社にて雇用保険に加入しています。
今回それとは別のB社から同じく週3日の雇用の話があります。それも雇用保険が出ますが、併用したほうが良いのか、雇用保険を一つにした方が良いのか? 近い内にA社は辞める予定なのですが、今の段階ではB社での保険加入は辞めておいて、A社を退職した後にB社で新たに申請した方が良いのか?教えて下さい。
回答
q1
勤めていた会社では、雇用保険に入っていませんでした。その場合は、何年勤めていても、失業手当はもらえないのでしょうか?
同じように考えておられる方が非常に多いと思いますが、結論から言いますと、失業手当(基本手当)をもらえる可能性があります。

そもそも、雇用保険法では、『会社』は全て強制加入と定められていますので、これは明らかに違法行為です。

このような会社の違法行為から労働者を守るために、雇用保険では、『過去にさかのぼって加入できる制度』を用意しています。

既に会社を辞めている人でも、今から2年間、過去に遡って雇用保険へ加入することが出来ます。

ただし、
遡れるのは、最高で2年までとなっているので、仮に10年働いていたとしても、その以前の8年間については、雇用保険未加入ということになってしまいます。

一覧へ戻る

 

q2
アルバイトやパートでは、雇用保険には加入できないのでしょうか?
いいえ。

アルバイトやパート労働でも、一定の要件を満たせば雇用保険へ加入することが出来ます。

一定の要件とは、
『1週間の所定労働時間が20時間以上で、かつ、1年以上雇用される見込みがある場合のことを言い、

この要件を満たせば、短時間労働被保険者として雇用保険に加入することが出来ます。

ポイントは、週の所定労働時間が20時間以上。
契約の期間が1年以上(丁度1年も含む)、もしくは、期間の定めのない契約であることです。

ただし、1年未満の契約を何度も繰り返している場合(3ヶ月契約 6ヶ月契約など)でも、実態としては、「期間の定めのない契約」となるため、要件を満たすことになります。

一覧へ戻る

 

q3
雇用保険被保険者証は、誰がもっているの?
また雇用保険に加入しているかどうか個人的に調べる方法はあるのでしょうか?
まず、会社が労働者を雇用した場合には、ハローワークに対し、雇用保険被保険者資格取得届というものを雇い入れた日の属する月の翌月10日までに、提出します。

それを受けたハローワークが、適正な届出であることを確認した場合には、事業主を通じ、雇用保険被保険者証を労働者に交付します。

ですので、原則的には、労働者個人が被保険者証を所有し、保管しておくものなのですが、会社が保管していることも少なくありません。

自身が雇用保険に加入しているかどうか?を調べるには、事業所を管轄するハローワークに対し「被保険者資格取得の確認請求」というものを行います。

この確認の請求は、口頭でも書面でも可能となっています。

「確認請求の手続き」と書くと、たいそうなもの≠フように聞こえてしまいますが、要は窓口で雇用保険に入っているのか?入っていないのか?の確認を行いたいと申し出ればOKです。

どの窓口に行ってよいのか分からない場合は、総合窓口で聞けば案内してくます。

確認請求の結果については、、その場ですぐに、結果が分かるというものでは無く、後日にハローワークより結果を記載した書面が送られてくることになります。

これにより、雇用保険に加入しているのかどうか?いつから加入しているのか?ということが分かります。

一覧へ戻る

 

q4
同じ会社に勤めて5年経ちましたが、今月末で退職し、来月から別の会社に勤める予定です。 この場合、雇用保険は引き継がれるのでしょうか? それとも、また入り直すものになるのでしょうか?
雇用保険自体は、新しい会社で入りなおす必要がありますが、被保険者期間については通算されることになります。

例えば、仮に新しい会社
に5年勤めた後に、離職したとします。

その場合には、その新しい会社で勤めた5年と前の会社で勤めた5年とがプラスされるので、被保険者期間は10年ということになります。

被保険者期間が10年以上の場合には、10年未満の場合と比べ、支給される失業手当が手厚くなります。

一覧へ戻る

 

q5
週に4日、1日6時間 パートで働いています。
今後は、体調がすぐれないため、通院する予定があり、月に一度だけ週3日の就労になることがあります。
この場合、雇用保険はどうなるのでしょう?

週3×6で18時間になるので、週20時間以上という要件を満たさなくなります。

被保険者の資格を喪失してしまうのでしょうか?
雇用保険の被保険者の資格については喪失とはならないので安心して下さい。

雇用保険では、たまたま週20時間の要件を切った場合や短期間の間だけ20時間を切った場合には、そのまま被保険者の資格を継続する措置が取られています。

また、今回の場合には、月の平均で見た場合には、1週20時間という要件を満たしているので、被保険者の資格を失うことは無いでしょう。

一覧へ戻る

 

q6
現在アルバイトで週3日、A会社へ行っています。A社にて雇用保険に加入しています。
今回それとは別のB社から同じく週3日の雇用の話があります。それも雇用保険が出ますが、併用したほうが良いのか、雇用保険を一つにした方が良いのか? 近い内にA社は辞める予定なのですが、今の段階ではB社での保険加入は辞めておいて、A社を退職した後にB社で新たに申請した方が良いのか?教えて下さい。
雇用保険では、「その者が生計を維持するのに必要な主たる賃金を受ける一の雇用関係についてのみ、被保険者となる」と規定されています。

ですので、今回の場合にも、どちらか一方の会社にて雇用保険の適用を受ける必要があります。

現実的な対処としては、A社・B社の両方に勤務されている時点では、A社で雇用保険に加入し、A社を退職した時点で、B社に乗り換えるというのが良い方法だと思います。


なお、この辺りの事情については、事前にB社に説明をしておいた方が良いでしょう。

一覧へ戻る

 


スポンサードリンク


Copyright(C)2007-雇用保険-情報局 All Right Reserved.

雇用保険法や雇用保険についての疑問はありませんか?
もし、当サイトで解決できない点、疑問点、その他、雇用保険、失業手当等で分からないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。

雇用保険法-情報局の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
[PR]雇用保険 料率

1