雇用保険-情報局

雇用保険・雇用保険法の解説サイト

当サイトでは労働者の方に役立つ雇用保険情報を提供しています。

雇用保険に関する相談は今すぐコチラより

雇用保険の各種手当の解説や雇用保険に関するQ&Aを掲載しています。

INDEX
雇用保険金額計算ソフト
雇用保険金額計算ソフト
無料マニュアル
雇用保険-情報局とは?
雇用保険とは?こんな法律です
雇用保険への加入条件
     └
適用除外者

雇用保険の保険料の決まり方
雇用保険料
雇用保険 料率
雇用保険被保険者証
雇用保険(失業手当)がもらえるかをチェック
  @ 雇用保険の受給手続き @
     雇用保険の受給手続き A
     雇用保険の所定給付日数
    その他の手当
      A技能習得手当
      B移転費
      C傷病手当

  A 65歳以上で失業したら?
      (高年齢求職者給付金) 
  B 短期雇用で失業したら?
           (特例一時金)
  C 日雇労働者が失業したら?
     (日雇労働求職者給付金)

  D 再就職でもらえる給付金
          (就業促進給付)
       ├ A就業手当
       B再就職手当
       C常用就職支度手当
  E 教育訓練給付

  F 60歳で賃金低下なら
     (高年齢雇用継続給付)

  G 育児休業給付
  H 介護休業給付
雇用保険でトラブル発生?
  ├ 雇用保険未加入トラブル
  └ 会社が離職票を出さない?
雇用保険のよくある質問Q&A
 [Q:全一覧]
  ├ 雇用保険 加入関係
  ├ 特定受給資格者
  ├ 失業手当・失業給付一般
  ├ 育児休業給付 介護休業給付
  ├ 公共職業訓練
  ├ 就業手当
  ├ 再就職手当
  ├ 高年齢雇用継続給付
  ├ 教育訓練給付
  ├ 雇用保険トラブル
  └ 雇用保険と年金・保険・税金
雇用保険に関するお薦め書籍
運営者情報
特定商取引の表示
関連サイト
  ├ 労働基準法-情報局
  ├ 解雇問題解決ネット
  ├ 労働問題解決ネットワーク
  ├ 失業保険・失業手当.net

無料メールマガジンのご紹介
リンク集












































































































































雇用保険情報局 最新情報



 【雇用保険のよくある質問Q&A そのA】


雇用保険の特定受給資格者に関するよくあるQAを一覧にしてあります。解決の参考にして下さい。

特定受給資格者 関係Q&A
Q1 特定受給資格者となる要件を教えてください。

回答

Q2 特定受給資格者の要件にある「事業所の移転により通勤困難に陥ったための離職」した場合とありますが、具体的には、どれほどの通勤困難を指しているのでしょうか? 回答
Q3 特定受給資格者の要件の1つに、「実際の労働条件が採用時に示された条件と著しく相違していたことにより退職した者」とありますが、これに該当すればいつ退職しても特定受給資格者となるのでしょうか? 回答
Q4 継続して2か月以上にわたり、賃金の一定割合以上が支払われなかったことにより退職した者とありますが、賃金の一定割合とは具体的にどれぐらいの割合のことなのでしょうか? 回答
Q5 「賃金が、その者に支払われていた賃金に比べて一定程度未満に低下したため退職した者」とありますが、一定程度とは具体的にどれほどの割合のことを指しているのでしょうか? 回答
q1
特定受給資格者となる要件を教えてください。
まず大雑把に特定受給資格者となるための要件は2つに分かれています。

1つ目は、「倒産」等により離職を余儀なくされた方。
もう1つは、「解雇」等により離職を余儀なくされた方です。

それぞれを見て行きましょう。

@ 「倒産」等により離職を余儀なくされた方とは?

・倒産(破産・民事再生・会社更生法による各種倒産手続き、手形取引停止など)に伴って離職された方。

・事業所の縮小・廃止により離職された方

・事業所の移転により通勤困難に陥ったための離職された方。


A 「解雇」等により離職を余儀なくされた方とは?

・解雇(重大な自己責任によるものを除く)されたことにより離職された方

・採用時に示された労働条件と、実際の労働条件が著しく違うために離職した方

・2ヶ月以上、継続して賃金の一定割合以上が払われないため、離職した方

・賃金が、以前より急激に落ちたための離職された方(定年後の賃金低下、予測可能な賃金低下を除く) 。

・離職前3ヶ月間にわたり、労働基準法に定める基準を超えた残業を行ったことにより離職された方

・生命、身体に重大な影響をおよぼす法令違反があり、行政機関から指摘を受けているにもかかわらず改善が行われないために離職した方

・会社側が、職種・配置転換に際して、職業生活の継続のために必要な配慮を行わなかったために、離職された方

・期間の定めのある労働契約で、以前は契約を継続していたが、突然契約終了となったことにより離職された方

・上司や同僚からの故意のいじめ・排斥・冷遇・嫌がらせ・セクハラなどを受けたため離職した方

・事業主から退職を勧められたことにより離職した方(早期退職者優遇制度は該当しません)。

・3ヶ月以上連続して労働基準法上の休業手当を支給され、退職した方

・会社の事業内容が法令違反に該当するため離職した方

一覧へ戻る

 

q2
特定受給資格者の要件にある「事業所の移転により通勤困難に陥ったための離職」した場合とありますが、具体的には、どれほどの通勤困難を指しているのでしょうか
これは、通勤時間が往復4時間以上かかる場合のことを指しています。

その他、事業所の移転については、1年前以降から通知されていることが必要で、かつ、事業所が移転してから概ね3か月以内までに離職した人でないと要件を満たさないことになっています。

実務的には、なかなかこの要件にて特定受給資格者に該当するする方は少なくなっています。

一覧へ戻る

 

q3
特定受給資格者の要件の1つに、「実際の労働条件が採用時に示された条件と著しく相違していたことにより退職した者」とありますが、この要件に該当すれば、いつ退職しても特定受給資格者となるのでしょうか?
実務的には、就職の時より、1年間となっています。

また、文章では採用時の話だけになっていますが、雇用されている途中に労働契約の内容の変更があった場合にも、この規定が適用されることになります。

ただやはり、変更された契約内容が実際の就業条件と大きく異なっていることが必要ですので、単に、意に沿わない労働契約の変更が行われたけでは、特定受給資格者には該当してこないので注意が必要です。

一覧へ戻る

 

q4
継続して2か月以上にわたり、賃金の一定割合以上が支払われなかったことにより退職した者とありますが、賃金の一定割合とは具体的にどれぐらいの割合のことなのでしょうか?
一定割合とは、本来その月中に支払いを受けるべき金額の3分の2に満たない額のことを言います。

また、毎月決まって支払われるべき賃金の全額が所定の賃金支払い日より遅れて支払われた事実が2回以上ある場合には、3分の2の要件を満たす必要はありません。

毎月決まって支払われる賃金というところがポイントで、1円も賃金が支払われなかったという意味ではありません。

あくまでも、毎月決まって支払われる賃金を対象にしています。

一覧へ戻る

 

q5
「賃金が、その者に支払われていた賃金に比べて一定程度未満に低下したため退職した者」とありますが、一定程度とは具体的にどれほどの割合のことを指しているのでしょうか?
数字のみを答えますと、これは85%未満になった場合のことを言います。

ただ、85%未満になったからといって、それ以降に離職すれば、必ず特定受給資格者に認定されるというわけでは無いので注意が必要です。

つまり、タイムリミットが設けられているのです。

具体的には、85%未満になってから、半年以内に離職するする必要があります。

それ以上の期間が過ぎてしまうと、特定受給資格者には認定されない可能性があるので注意しましょう。


その他、「低下したため」とありますが、低下することを予告されたことにより、離職した場合でも、実は、要件を満たすことになります。

具体的には、離職した日の属する月以降の6か月のうちいずれかの月に支払われる賃金が、離職した月前の6か月のいずれかの月の賃金と比較し、85%未満となることが予告されたことにより離職した場合のことを言います。

なお、低下する又は低下した時点から遡って1年より前の時点でその内容が予見できる場合は要件を満たさないことになるので注意が必要です。

一覧へ戻る

 


スポンサードリンク


 

Copyright(C)2007-雇用保険-情報局 All Right Reserved.

雇用保険法や雇用保険についての疑問はありませんか?
もし、当サイトで解決できない点、疑問点、その他、雇用保険、失業手当等で分からないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。

雇用保険法-情報局の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
[PR]雇用保険 料率

1