雇用保険-情報局

雇用保険・雇用保険法の解説サイト

当サイトでは労働者の方に役立つ雇用保険情報を提供しています。

雇用保険に関する相談は今すぐコチラより

雇用保険の各種手当の解説や雇用保険に関するQ&Aを掲載しています。

INDEX
雇用保険金額計算ソフト
雇用保険金額計算ソフト
無料マニュアル
雇用保険-情報局とは?
雇用保険とは?こんな法律です
雇用保険への加入条件
     └
適用除外者

雇用保険の保険料の決まり方
雇用保険料
雇用保険 料率
雇用保険被保険者証
雇用保険(失業手当)がもらえるかをチェック
  @ 雇用保険の受給手続き @
     雇用保険の受給手続き A
     雇用保険の所定給付日数
    その他の手当
      A技能習得手当
      B移転費
      C傷病手当

  A 65歳以上で失業したら?
      (高年齢求職者給付金) 
  B 短期雇用で失業したら?
           (特例一時金)
  C 日雇労働者が失業したら?
     (日雇労働求職者給付金)

  D 再就職でもらえる給付金
          (就業促進給付)
       ├ A就業手当
       B再就職手当
       C常用就職支度手当
  E 教育訓練給付

  F 60歳で賃金低下なら
     (高年齢雇用継続給付)

  G 育児休業給付
  H 介護休業給付
雇用保険でトラブル発生?
  ├ 雇用保険未加入トラブル
  └ 会社が離職票を出さない?
雇用保険のよくある質問Q&A
 [Q:全一覧]
  ├ 雇用保険 加入関係
  ├ 特定受給資格者
  ├ 失業手当・失業給付一般
  ├ 育児休業給付 介護休業給付
  ├ 公共職業訓練
  ├
就業手当
  ├ 再就職手当
  ├ 高年齢雇用継続給付
  ├ 教育訓練給付
  ├ 雇用保険トラブル
  └ 雇用保険と年金・保険・税金
雇用保険に関するお薦め書籍
運営者情報
特定商取引の表示
関連サイト
  ├ 労働基準法-情報局
  ├ 解雇問題解決ネット
  ├ 労働問題解決ネットワーク
  ├ 失業保険・失業手当.net

無料メールマガジンのご紹介
リンク集






































































































雇用保険情報局 最新情報



 【雇用保険のよくある質問Q&A そのF】


再就職手当に関するよくあるQAを一覧にしてあります。

また以下のページでも再就職手当について個別の解説を行っていますので解決の参考にして下さい。

▼ 再就職手当

再就職手当Q&A
Q1 再就職手当は、自営業として独立した場合でも支給されることがあると聞いたのですが本当でしょうか?

回答

Q2 再就職手当は、支給申請の手続きをおこなってから どれぐらいの期間で支給されるものなのでしょうか? 回答
Q3 失業保険の基本手当の受給資格がある人が安定した仕事に就業した場合に、再就職手当が支給されるようですが、安定した仕事の定義がイマイチよくわかりません。安定していても雇用保険に入らない会社はダメなんでしょうか? 回答
Q4 自己都合退職などで給付制限を受けている人は、待機期間満了後〜1ヶ月の期間内については、ハローワークや職業紹介事業者の紹介により、就職しないと再就職手当金は受給できないことは知っているのですが、 私の場合は、その1ヶ月の間に自己就職での応募を行い、内定を頂きました。

この場合でも、再就職手当は受給できないのでしょうか?

実際に働くのは、給付制限期間が終了してから1ヶ月以降となっています。
回答
Q5 まだ仕事を辞めて間もなく、離職票も手元に届いていない状況ですが、ハローワークで仕事を検索していた所、行きたい会社を見つけました。

離職票が届き次第、手続きに行く予定ですが、この場合、すぐに仕事を始めてたとしても、「再就職手当」を受給することはできるのでしょうか?
回答
q1
再就職手当は、自営業として独立した場合でも支給されることがあると聞いたのですが本当でしょうか?
おっしゃる通り、再就職手当は、常用の仕事に雇用された場合だけで無く、自営業を始められた場合にも支給されることがあります。

ただ、ひとつ気をつけなければならないのは、受給期間の満了日までに雇用保険の被保険者資格を取得する人を雇用しなければならないという点です。

その他、私と同じ社会保険労務士を開業し、再就職手当を受給された方もおられます。

一覧へ戻る

 

q2
再就職手当は、支給申請の手続きをおこなってから どれぐらいの期間で支給されるものなのでしょうか?
支給申請手続きは、原則として、再就職した日の翌日から1ヶ月以内となっています。

その後、本当に再就職しているかどうか?の調査があり、そこで問題が無ければ、1ヶ月〜1ヵ月半後に振り込まれることになります。

一覧へ戻る

 

q3
失業保険の基本手当の受給資格がある人が安定した仕事に就業した場合に、再就職手当が支給されるようですが、安定した仕事の定義がイマイチよくわかりません。安定していても雇用保険に入らない会社はダメなんでしょうか?
「安定した職業」とは、1年以上雇われる見込みのある仕事に就いた場合のことを言います。

ですので、雇用保険への加入のある無しで考えるのではなく、1年以上の雇用が前提となっているかどうかで判断すると分かりやすいと思います。

なお、1年以上の雇用が見込まれる場合は、雇用保険へ加入する義務がありますので、自然と被保険者にもなります。

逆に1年以上の雇用を前提にしているにも関わらず、雇用保険に入るか入らないかを曖昧にして誤魔化している会社は、違法行為を行う可能性が高いですので、どちらかというとお勧めすることはできません。

一覧へ戻る

 

q4
自己都合退職などで給付制限を受けている人は、待機期間満了後〜1ヶ月の期間内については、ハローワークや職業紹介事業者の紹介により、就職しないと再就職手当金は受給できないことは知っているのですが、 私の場合は、その1ヶ月の間に自己就職での応募を行い、内定を頂きました。

この場合でも、再就職手当は受給できないのでしょうか?

実際に働くのは、給付制限期間が終了してから1ヶ月以降となっています。
結論から言いますと、再就職手当を受給することができます。

何故なら、内定日を見て、要件を満たしているかどうかを見るのではなく、実際に雇用された日を見て、判断するからです。

実際に雇用される日が、待機期間満了後〜1ヶ月以降となるようですので、今回の場合は、要件を満たし再就職手当を受給することができるでしょう。

一覧へ戻る

 

q5
まだ仕事を辞めて間もなく、離職票も手元に届いていない状況ですが、ハローワークで仕事を検索していた所、行きたい会社を見つけました。

離職票が届き次第、手続きに行く予定ですが、この場合、すぐに仕事を始めてたとしても、「再就職手当」を受給することはできるのでしょうか?
待機期間が満了していない状況で、雇用された場合には、再就職手当は支給されないので注意して下さい。

待機期間さえ満了すれば、ハローワークから紹介された仕事になりますので、仮に給付制限期間を設けられているとしても、再就職手当を受給することができます。

念のために付け加えておきますが、求職の手続きに行く前に(失業後初めてハローワークに行く前に)、雇用されることを約束していた場合には、支給要件を満たしませんので注意して下さい。

一覧へ戻る

 


スポンサードリンク


Copyright(C)2007-雇用保険-情報局 All Right Reserved.

雇用保険法や雇用保険についての疑問はありませんか?
もし、当サイトで解決できない点、疑問点、その他、雇用保険、失業手当等で分からないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。

雇用保険法-情報局の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
[PR]雇用保険 料率

1