雇用保険-情報局

雇用保険・雇用保険法の解説サイト

当サイトでは労働者の方に役立つ雇用保険情報を提供しています。

雇用保険に関する相談は今すぐコチラより

雇用保険の各種手当の解説や雇用保険に関するQ&Aを掲載しています。

INDEX
雇用保険金額計算ソフト
雇用保険金額計算ソフト
無料マニュアル
雇用保険-情報局とは?
雇用保険とは?こんな法律です
雇用保険への加入条件
     └
適用除外者

雇用保険の保険料の決まり方
雇用保険料
雇用保険 料率
雇用保険被保険者証
雇用保険(失業手当)がもらえるかをチェック
  @ 雇用保険の受給手続き @
     雇用保険の受給手続き A
     雇用保険の所定給付日数
    その他の手当
      A技能習得手当
      B移転費
      C傷病手当

  A 65歳以上で失業したら?
      (高年齢求職者給付金) 
  B 短期雇用で失業したら?
           (特例一時金)
  C 日雇労働者が失業したら?
     (日雇労働求職者給付金)

  D 再就職でもらえる給付金
          (就業促進給付)
       ├ A就業手当
       B再就職手当
       C常用就職支度手当
  E 教育訓練給付

  F 60歳で賃金低下なら
     (高年齢雇用継続給付)

  G 育児休業給付
  H 介護休業給付
雇用保険でトラブル発生?
  ├ 雇用保険未加入トラブル
  └ 会社が離職票を出さない?
雇用保険のよくある質問Q&A
 [Q:全一覧]
  ├ 雇用保険 加入関係
  ├ 特定受給資格者
  ├ 失業手当・失業給付一般
  ├ 育児休業給付 介護休業給付
  ├ 公共職業訓練
  ├ 就業手当
  ├ 再就職手当
  ├ 高年齢雇用継続給付
  ├ 教育訓練給付
  ├ 雇用保険トラブル
  └ 雇用保険と年金・保険・税金
雇用保険に関するお薦め書籍
運営者情報
特定商取引の表示
関連サイト
  ├ 労働基準法-情報局
  ├ 解雇問題解決ネット
  ├ 労働問題解決ネットワーク
  ├ 失業保険・失業手当.net

無料メールマガジンのご紹介
リンク集



























































































雇用保険情報局 最新情報



 【雇用保険のよくある質問Q&A そのG】


高年齢雇用継続給付(高年齢雇用継続基本給付金 高年齢再就職給付金)に関するよくあるQAを一覧にしてあります。

また、下記のページでも、高年齢雇用継続給付について個別に解説していますので参考にして下さい。

▼ 高年齢雇用継続給付(高年齢雇用継続基本給付金 高年齢再就職給付金)

高年齢雇用継続給付 Q&A
Q1 高年齢雇用継続給付は、雇用保険に加入していた期間が5年以上ないと支給されないと聞いたのですが、60歳の時点で、被保険者期間が5年に満たない場合は、以後も受給することができないのでしょうか?

回答

Q2 現在、59歳ですが3年前に失業した際、失業手当を受給していました。60歳の時点で賃金が大幅に減額される見通しです。60歳になれば、すぐに、高年齢雇用継続基本給付金を受給することができるでしょうか? 回答
Q3 高年齢雇用継続基本給付金を受給しているのですが、ケガをしたため今月から仕事を休んでいます。会社からは1円も賃金を貰ってないので、高年齢雇用継続基本給付金を受給することは出来るでしょうか? 回答
Q4 高年齢再就職給付金と再就職手当の両方の支給要件を満たしています。この場合には、どちらも受給することが可能なのでしょうか? 回答
Q5 高年齢雇用継続給付の支給申請については、必ず自分自身で行わなければならないjのでしょうか? 回答
q1
高年齢雇用継続給付は、雇用保険に加入していた期間が5年以上ないと支給されないと聞いたのですが、60歳の時点で、被保険者期間が5年に満たない場合は、以後も受給することができないのでしょうか?
おっしゃる通り、高年齢雇用継続給付を受給するには、被保険者期間が5年以上あることが要件となっています。

ですので、60歳に到達した時点で、被保険者
期間が足りない場合は、要件を満たさないので受給することはできません。

しかし、高年齢雇用継続給付を受給することができる期間は、60歳〜65歳までとなっていますので、60歳の時点では被保険者期間が足りなくても、それ以後〜65歳までの期間内に被保険期間が5年以上となるのであれば、被保険者期間が5年以上となった月から65歳になった月までは、受給できる可能性があります。

一覧へ戻る

 

q2
現在、59歳ですが3年前に失業した際、失業手当を受給していました。60歳の時点で賃金が大幅に減額される見通しです。60歳になれば、すぐに、高年齢雇用継続基本給付金を受給することができるでしょうか?
高年齢雇用継続給付を受給するには、被保険者期間が5年以上あることが要件となっています。

そして、この被保険者期間を数える場合、以前に失業手当を受給していたことがある方については、その失業手当の支給対象となった被保険者期間はリセットされ、ゼロとなります。

ですので、今回の場合についても、60歳になった時点では、被保険者期間が足りないので、すぐに受給することは難しいでしょう。

ただし、もう2年程すれば、被保険者期間が5年に到達するようですので、それ以降は、受給できる可能性があります。

一覧へ戻る

 

q3
高年齢雇用継続基本給付金を受給しているのですが、ケガをしたため今月から仕事を休んでいます。会社からは1円も賃金を貰ってないので、高年齢雇用継続基本給付金を受給することは出来るでしょうか?
残念ですが、受給することは出来ません。

ケガや病気により、受け取る賃金が下がってしまったとしても
、その月は賃金の支払いはあったものとして支給対象月の賃金の額が算定されるため、高年齢雇用継続基本給付金を受給することは出来ません。

その他、非行や事業所の休業によって賃金が下がってしまった場合にも同じ処理がなされます。

なお、ケガや病気の場合には、労災や健康保険からの支給を受けることが出来る可能性があります。また、事業所の休業の場合には、休業補償金が事業主から支払われるj可能性があります。

一覧へ戻る

 

q4
高年齢再就職給付金と再就職手当の両方の支給要件を満たしています。この場合には、どちらも受給することが可能なのでしょうか?
高年齢再就職給付金の支給をうけることができるものが、同一の就職につき、再就職手当の支給をうけることがでkる場合において、そのものが再就職手当の支給をうけたときは、高年再就職給付金は支給せず、高年齢再就職給付金の支給をうけたときには、再就職手当を支給しないことになっています。

どちらか一方のみを選択することになっています。

一覧へ戻る

 

q5
高年齢雇用継続給付の支給申請については、必ず自分自身で行わなければならないjのでしょうか?
事業所に労働者の過半数以上で組織する労働組合等があり、その組合等と事業主が書面による協定を結んでいるときには、労働者の代わりに事業主が支給の申請に必要な書面を提出することが可能です。

ただ、協定を結んでいる場合でも、提出が可能となっているだけで、義務とはなっていませんので、自身で手続きをお粉罠kればなら無い可能性があります。

一覧へ戻る

 


スポンサードリンク


Copyright(C)2007-雇用保険-情報局 All Right Reserved.

雇用保険法や雇用保険についての疑問はありませんか?
もし、当サイトで解決できない点、疑問点、その他、雇用保険、失業手当等で分からないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。

雇用保険法-情報局の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
[PR]雇用保険 料率

1