雇用保険-情報局

雇用保険・雇用保険法の解説サイト

当サイトでは労働者の方に役立つ雇用保険情報を提供しています。

雇用保険に関する相談は今すぐコチラより

雇用保険の各種手当の解説や雇用保険に関するQ&Aを掲載しています。

INDEX
雇用保険金額計算ソフト
雇用保険金額計算ソフト
無料マニュアル
雇用保険-情報局とは?
雇用保険とは?こんな法律です
雇用保険への加入条件
     └
適用除外者

雇用保険の保険料の決まり方
雇用保険料
雇用保険 料率
雇用保険被保険者証
雇用保険(失業手当)がもらえるかをチェック
  @ 雇用保険の受給手続き @
     雇用保険の受給手続き A
     雇用保険の所定給付日数
    その他の手当
      A技能習得手当
      B移転費
      C傷病手当

  A 65歳以上で失業したら?
      (高年齢求職者給付金) 
  B 短期雇用で失業したら?
           (特例一時金)
  C 日雇労働者が失業したら?
     (日雇労働求職者給付金)

  D 再就職でもらえる給付金
          (就業促進給付)
       ├ A: 就業手当
       B再就職手当
       C常用就職支度手当
  E 教育訓練給付

  F 60歳で賃金低下なら
     (高年齢雇用継続給付)

  G 育児休業給付
  H 介護休業給付
雇用保険でトラブル発生?
  ├ 雇用保険未加入トラブル
  └ 会社が離職票を出さない?
雇用保険のよくある質問Q&A
 [Q:全一覧]
  ├ 雇用保険 加入関係
  ├ 特定受給資格者
  ├ 失業手当・失業給付一般
  ├ 育児休業給付 介護休業給付
  ├ 公共職業訓練
  ├ 就業手当
  ├ 再就職手当
  ├ 高年齢雇用継続給付
  ├ 教育訓練給付
  ├ 雇用保険トラブル
  └ 雇用保険と年金・保険・税金
雇用保険に関するお薦め書籍
運営者情報
特定商取引の表示
関連サイト
  ├ 労働基準法-情報局
  ├ 解雇問題解決ネット
  ├ 労働問題解決ネットワーク
  ├ 失業保険・失業手当.net

無料メールマガジンのご紹介
リンク集















































































雇用保険情報局 最新情報



 【就業手当】


就業手当とは?

就業手当は、「再就職したときに支給される手当」の中のひとつで、一定の支給残日数がある人が短期バイトなどを行ったときに支給される手当のことを言います。

就業手当は再就職を行ったときに支給される手当と言っても、常用の職に就いた人は対象としていません。

何故なら、常用の職に就いた人に対しては、別途、再就職手当常用就職支度手当といったものが用意されているからです。

なお、支給される就業手当の額は、基本手当の30%となっています。
(当然、就業手当とは別に、働いた分の賃金も受け取ることが出来ます。)


まずは就業手当の概要を捉えて頂けたかと思います。

それでは、さらに詳しい就業手当の解説を行ってきます。


 【就業手当の支給要件とは?】


@ 常用の職ではない、パートやアルバイト、業務委託、臨時契約、日雇的な単発仕事に就くこと。

(自身で事業を行うという場合も、支給対象となります)


A 仕事に就いた日の前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上、かつ、45日以上残っていること。

(“かつ”という所がポイントですね。)


B 離職前の事業主に再び雇用されたものでないこと。

C 待機期間が経過した後に、仕事に就いたこと。

待機期間とは、基本手当(失業手当)を受ける前に設定されている7日間の待機期間のことです。ですので就業手当を受給するには、その後に職に就く必要があります。


D 基本手当の受給手続きにて行う「求職の申し込み」の手続きを終える前に、雇い入れることを約束していた事業主に雇用されたものではないこと。

簡単に説明すると、会社を辞めて職安に手続きに行く前から、雇われることを約束していた場合は、ダメということです。


E 自己都合退職などで給付制限を受けている人は、待機期間満了後〜1ヶ月の期間内については、ハローワークや職業紹介事業者の紹介により、職に就くこと。

給付制限期間とは、自己都合退職等の場合に設定されている約3ヶ月間の給付制限期間のことを言います。

この『約3ヶ月+1ヶ月』の期間については、ハローワークや職業紹介事業者(民間でもOKです)の紹介により、職に就く必要があります。

※ 給付制限を受けていないという人は、この要件は無視して下さい。


 【就業手当の額】


まず、就業手当は、現に働いている日1日につき支給されることになっています。

契約の期間中であれば、休みの日でも貰えるというわけではないので注意して下さい。あくまでも、働いた日に対して、支給されます。

そして、就業手当の額は、基本手当の30%となっています。


当然、働くわけですから、就業手当とは別に、賃金を受け取ることが出来ます。

では、就業した日の手取りは、どうなるのかというと


【 就業手当(基本手当の30%)+日給 】


これが、1日分の手取り額となります。


 【就業手当の受給手続き】


『支給申請書』
(ハローワークに置いてあります)に、就業の事実を証明できる書面を添付して、失業の認定日にハローワークに出頭し提出します。

就業の事実を証明できる書面は、給料明細等でOKです。

スポンサードリンク



【当サイトのご利用方法】

当サイトは雇用保険について解説しています。

左サイドバーのメニューの項目をクリックしていただくと該当ページへ移動します。

また、当サイトで解決できない点、疑問点、その他、雇用保険、失業手当等で分からないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。

今後も順次コンテンツを追加していく予定です。是非お気に入りに追加していただき随時チェックしていただければ幸いです。

Copyright(C)2007-雇用保険-情報局 All Right Reserved.

雇用保険法や雇用保険についての疑問はありませんか?
もし、当サイトで解決できない点、疑問点、その他、雇用保険、失業手当等で分からないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。

雇用保険法-情報局の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
[PR]雇用保険 料率

1